色々出来る経費削減

経費削減メニュー
経費削減とは
リサイクルトナー
会議方法
節税方法
助成金を利用
お問い合わせ

 

  ■
 節税方法 


役員賞与を減らして報酬を増やす
法人税の取扱では役員報酬は費用と認められますが、役員賞与については費用と
認められない。例えば、役員報酬を月々50万円(年間で600万円)、役員賞与を300万円
支払っている場合 受け取る額は年間900万円になる。このままでは、役員賞与200万円は
法人税上費用に出来ないのです。そこで、役員賞与をなしにしてその代わりに役員報酬の
額を月々75万円します。
そうすると役員が受け取る金額は、年間総額900万円で、法人税の計算上費用が
300万円増やせることになります。


交際費を工夫する
交際費は税金が課されますが、会議費とすれば全額費用になります。
取締役を使用人兼務役員にする
取締役に対して支払う賞与は、基本的に費用計算出来ません。しかし、使用人兼務役員に
対する賞与については、使用人としての部分に対して支払われた賞与は費用扱い出来る。
1.使用人部分に対する賞与のみ
2.他の従業員と同じ日に同じ支給基準で支給されている
3.その賞与額が社会的に適用な金額
4.その賞与が費用処理されている
この上記の条件を満たした場合は費用に出来ます。
生命保険の活用
会社における生命保険の活用方法としては 個人で入るよりも会社契約で生命保険に
加入するとすると節税効果が大きい。
しかも、借入金などの返済原資になり、退職金にする事もできるのです。
さらには、個人契約の場合は、いくら保険料を払っても所得控除として5万円個人年金を
含めても10万円)しか控除されないですが、会社で契約した場合には、ケースにより
全額必要経費になります。


その他の節税方法
・不良債権を早めに処理する
・消耗品等を購入しておく消耗品を購入しておく
・資産の評価損、売却損の計上資産の評価損が計上できないか確認
・短期の前払費用の活用
・決算の締切日を活用決算締切日を上手に利用
・未払費用を網羅的に計上未払費用をもれなく計上する
・棚卸資産の評価方法
・最終仕入単価を引き下げる
・固定資産の修理を前倒しで行なう
・不要な固定資産は除却処分する

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2016/7/13